ホーム > 講座一覧 > 薬剤情報担当者講座
医療ドラッグストアで一般医薬品の販売に携わる仕事を目指す!

薬剤情報担当者®講座

ドラッグストアはもちろん、大型小売店・コンビニなどで医薬部外品や一般医療品(第2・3類)を取扱いするようになり、薬剤販売の市場が広がっています。
薬剤情報担当者(R)とは、当協会が主催する “医学知識に基づく薬理・薬剤学、病理学”+“代替医療知識”+“コミュニケーションスキル”の3つの知識修得を認定する資格です。

昨今では、処方薬以外にも医薬品、医薬部外品、そして健康維持としての漢方など数多くの種類や製品が多く販売されています。薬剤情報担当者(R)は、2009年の薬事法の改訂で一般市販薬の販売拡大に伴う、大型薬品店、ドラッグストアなどでのお客様の求めている商品を提供するための知識活用や、健康維持・管理を求めるフィットネスクラブ、スポーツクラブでのより高度なサービス提供を行えるスキルアップの資格として、仕事やそして、自らのスキルアップにも活用できる通信講座です。
 
対象者
・一般医薬品や薬の知識を活かした仕事をしいたい。
・自分や家族の健康について興味がある。
目指せる仕事
・ドラッグストア
・健康指導サービス関連業
・スポーツクラブ等の健康指導者 など
受講期間
標準3ヶ月(無料延長3ヶ月)
受講費
経済的に学ぶプラン 25,000円
薬剤情報担当者®講座
薬剤情報担当者®講座
薬剤情報担当者®講座の教材

教材構成

通信教育を重点にテキストや教材をオリジナルで作成!だから独学でも理解しやすい!
薬剤情報担当者(R)講座
テキスト 2冊
受講の手引き 1冊
添削レポート 3回
修了認定テスト 1回
その他 質問用紙 5枚
返信用封筒10枚

TERADA講座のポイント

こだわりのポイント満載!通信でも充実したサポート体制!
ポイント1
通信教育に重点を置いて作成!未経験でもわかりやすい教材!
通信教育を重点を置いてテキストや教材がオリジナルで作成され、独学でも理解しやすい内容になっています。難しい内容でも「初心者でもわかる」をモットーに重要ポイントが凝縮され、効率よく学習できる内容となっています。
ポイント2
質問は何度でもOK。担当講師がしっかりフォロー
メール・FAX・郵送の方法で受講期間であれば、何度でもご質問いただくことが出来ます。
どうしても分からないことはそのままにしないでご遠慮なくご質問ください。
ポイント3
細かなところまでチェック!担当講師の直接添削!
添削レポートを解いて提出して頂くと、担当講師が懇切丁寧な指導を赤ペンで直接入れてあなたにお届けいたします。ただ添削するのではなく、より理解しやすいようにコメントを追加。だから理解しやすく、間違いやすいところも印象に残り、学習内容が定着しやすくなります。
ポイント4
医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)認定の権威ある資格を目指します!
特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)」とは医療・福祉・心理における優秀な知識・技術を兼ね備えた人材輩出を目指している団体です。全国統一の各種在宅試験「実務能力検定試験」を実施しています。
資格を取得するなら就職・転職に有利な社会的信頼度の高い資格を選びたいもの。信頼性が高い資格とは、しっかりとした受験要綱、受験規定があり、全国統一で行われるものなのです。だから医療福祉情報実務能力協会が認定している「薬剤情報担当者®」は社会的信頼度が高いため、就職・転職に有利なのです。
ポイント5
登録販売者を目指す方にもおススメの講座です!
薬剤情報担当者講座では、医学基礎や薬理学基礎、栄養素や漢方などの応用医療の基礎知識を学びますので、一般医薬品取扱いの仕事について、実務経験を積んで登録販売者を目指そうとする方にもお役に立てる講座です。また、心理学も学びますので対人コミュニケーションやお客様への接客などに活用できるでしょう。

カリキュラム

充実度が違います!実際に現場で働くことを見据えた内容です!
学習項目 内容
医科薬科学  <医科学>
◆生化学基礎
◆解剖生理学基礎
・身体の器官とその働き、器官を構成するもの疫病の関わり 炎症とは 
<医学基礎>
◆感染症基礎
・病原体と様々な感染方法 免疫
◆疾患基礎知識
・神経系 循環器系 呼吸器系
<病院環境衛生学>
◆消毒学
・消毒剤とその性質 消毒と滅菌 微生物学基礎 微生物形態学基礎
<薬理学>
◆薬理学の基礎知識
・薬剤とは 薬剤の吸収とその作用方法 薬剤の分布と代謝機能 薬品学基礎
◆薬理学各論
・自律神経とその作用薬 抗生剤とその働き ビタミン製剤
その他関連薬剤の働き
応用医療学  ◆応用医療学概論
◆栄養
・栄養とは タンパク質 酵素 糖質 脂質 ビタミン
ミネラル生理作用のある非栄養素 サプリメント ハーブ
症状別食事の特徴 エネルギー代謝 食事摂取基準
◆温泉科学
◆漢方薬
◆心理身体応用学
・筋肉とは 筋線維 有酸素運動と無酸素運動 脂肪の燃焼
◆カウンセリング応用理論
・不安階層表 信念のバランスシート 例外の発見 イメージで自己の振返り
心理劇(サイコドラマ) ストレスと欲求 ヘルスカウンセリング
お申込み 資料請求 お問合フォーム