ホーム > 講座一覧 > 医療事務・医師秘書Wライセンス講座
心理未経験から医療系のお仕事を目指し、幅広い活躍をしたい方へ

医療事務・医師秘書Wライセンス講座

医療の仕事は社会貢献度が高く、とてもやりがいがあります。医療事務と医師秘書の知識を身に付けることで幅広い活躍が出来ます。
「医療事務・医師秘書Wライセンス講座」はこれから医療の仕事を目指し、医療の現場で幅広く活躍したい方へ最適な講座です。
医療事務実務士®だけではなく認定医師秘書™の資格も目指せます。3つの資格を取得することで活躍の場は広がります。

医療事務は病院や薬局、レセプト支払機関など、医療に関わる様々なところで活躍出来るお仕事です。主な業務は「レセプト(診療報酬明細書)作成」ですが、「患者サービス」も大切な業務です。
医療事務講座では、接遇マナー、医療制度、医療事務(レセプト作成)といった業務に必要な知識を偏り無く学習します。だから未経験からでも医療現場で即戦力として対応出来る知識を身に付けることが出来るのです。

認定医師秘書™講座では、厚生労働省指針の教育プログラムを中心に、医師の事務作業を補助する知識と医療人としてのマナーなどを含め、認定医師秘書™講座の法的初期プログラムを学習します。それ以外に医療人としての常識、マナーなどを含め、医師秘書としてふさわしい人材育成プログラムを組みました。
この講座は初期研修32時間を網羅した者として見なすことができます。また、通信教育での初期研修修了となるのはこの認定医師秘書™講座だけです。

医療のお仕事は簡単ではありませんが、医師や看護士のサポート業務は社会貢献度が高く、また、患者さんからの感謝の言葉を頂けることもありとてもやりがいのあるお仕事です。

ドクター業務と医師秘書の業務の違い  
対象者
・はじめて医療事務について知る。
・医療機関内の様々な事務作業で活躍したい。
・医師の秘書として、病院内の医師事務を就業目的とする者。
目指せる仕事
・認定医師秘書(医師事務作業補助者)
・診療報酬請求事務
・医局秘書、院長秘書
・医療事務代行業 など
受講期間
標準12ヶ月(無料延長6ヶ月)
受講費
経済的に学ぶプラン 72,000円
医療事務・医師秘書Wライセンス講座
医療事務・医師秘書Wライセンス講座
医療事務・医師秘書Wライセンス講座

教材構成

通信教育を重点にテキストや教材をオリジナルで作成!だから独学でも理解しやすい!
医療事務・医師秘書Wライセンス講座
テキスト 14冊
(医療事務講座8冊、認定医師秘書講座6冊)
受講の手引き 2冊
(医療事務講座1冊、認定医師秘書講座1冊)
添削レポート 15回
(医療事務講座7回、認定医師秘書講座8回)
修了認定テスト 2回
(医療事務講座1回、認定医師秘書講座1回)
DVD 通学ライブDVD 5枚
(認定医師秘書講座)
副教材 1冊
「看護・医療略語・用語ガイドブック」
その他 質問用紙 10枚
返信用封筒20枚
※検定試験を受ける際には、協会が発表する受験年度の点数表が必要となります。 本講座では「診療点数早見表」(医学通信社出版)はついておりませんので、書店等でお求めください。

【お知らせ】
2016年4月診療報酬改定に対応した教材です

TERADA講座のポイント

こだわりのポイント満載!通信でも充実したサポート体制!
ポイント1
質問は何度でもOK!通信教育センター担当講師があなたをフォロー。
メール・FAX・郵送の方法で受講期間内であれば、何度でも質問が出来ます。また添削問題などには赤ペン先生としてわかりやすい添削を行っています。
また、添削レポートを解いて提出して頂くと、担当講師が懇切丁寧な指導を赤ペンで直接入れてあなたにお届けいたします。ただ添削するのではなく、より理解しやすいようにコメントを追加。だから理解しやすく、間違いやすいところも印象に残り、学習内容が定着しやすくなります。
ポイント2
医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)認定の権威ある資格を目指します!
特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)」とは医療・福祉・心理における優秀な知識・技術を兼ね備えた人材輩出を目指している団体です。全国統一の各種在宅試験「実務能力検定試験」を実施しています。
資格を取得するなら就職・転職に有利な社会的信頼度の高い資格を選びたいもの。信頼性が高い資格とは、しっかりとした受験要綱、受験規定があり、全国統一で行われるものなのです。だから医療福祉情報実務能力協会が認定している「医療事務実務士®」「認定医師秘書™」は社会的信頼度が高いため、就職・転職に有利なのです。
ポイント3
同時に3つの資格を目指せるお得な講座!
医療事務・医師秘書Wライセンス講座では、医療事務実務士®だけではなく、認定医師秘書™も同時に目指せてとってもお得!医療秘書としての接遇・マナーや医療機関独特の病院内組織など、幅広く理解することができるカリキュラムとなっています。
ポイント4
厚生労働省指針に基づいた教材で、初期必須研修32時間を網羅
認定医師秘書™講座は、厚生労働省指針のプログラムに基づき、初期必須研修で必要な32時間分の内容が網羅されています。そのため修了時には初期必須研修32時間を修了したことになります。ほとんどの初期必須研修は通学を伴いますがこの講座は完全通信制にて修了となります。
ポイント5
文部科学省重点課題制作委員が作った教材。
認定医師秘書™講座の教材は文部科学省から専門学校などの教育機関で認定医師秘書™(医師事務作業補助者)を養成する際、見識者などが集まり、実際に医療機関などへ足を運び、必要とされる実務を教材化し、文部科学省重点課題として委員が制作した教材です。
ポイント6
特定非営利活動法人医師事務作業補助研究会 賛助会員
TERADA医療福祉カレッジは母体である医療福祉情報実務能力協会が医師事務作業補助研究会の賛助会員である為、受講修了後の更なる認定医師秘書™としての研鑽や研究・知識・技能の向上等が永続的に可能です。資格取得者は研究会の会員として、研修やセミナー大会に参加できます。本当のプロとして活躍が可能です。
詳しくはコチラ→「医師事務作業補助研究会

カリキュラム

充実度が違います!実際に現場で働くことを見据えた内容です!
学習項目 内容
接遇マナー   患者への接遇マナーや社会人としての基本的な基本的なマナーを学習します。
医療保障制度   医療保障制度について学びます。医療事務のお仕事をする上で、必ずマスターする必要がある内容になっています。
医療保険とは、私達が必ず加入しています。職種や年齢などにより、保険の種類がそれぞれあります。
医療事務   レセプト(診療報酬明細書)を実際に作成する歳に必要な診療費の算定方法を学びます。医師が行う診療行為の内容でそれぞれ点数があります。さらに休日や時間外の診察など、条件により加算があります。レセプト作成に不可欠な知識を学びます。
基本診療料/ 医学管理等/投薬料/薬剤情報提供料/注射料/在宅医療/処置料/手術料/麻酔料/輸血料/検査料/ 画像診断/精神科専門療法/リハビリテーション料/放射線治療/入院料/入院時食事療養費/レセプト演習(外来/入院)
医療機関内組織   医療機関内組織・委員会/臨床指標(統計・台帳)/病院機能評価/クリニカルパス/医療用語
診療記録と医療人としての接遇マナー及び関連法規   医療情報管理/診療記録/病院における接遇/接遇対応の基本/認定医師秘書™の仕事
電子カルテ   電子カルテ概要/ICD-10(国際疾病分類)/DPC(診断群分類)
個人情報保護   個人情報保護法概要/安全管理/個人情報保護法
医師事務作業補助者の文書作成及び医療保険制度   各種診断書/証明書/申請書
医科薬科学   一般医学/基礎解剖生理学/基礎病理学/一般薬学/基礎薬剤学/基礎薬理学
お申込み 資料請求 お問合フォーム